おんなじ立場での内勤が多い

おんなじ立場での内勤が多い我が社。働き手の健康を気遣ってか、リーダーが「万歩計リフレ」上る実行を始めました。
ひと月に30万歩を達成できた働き手には金一封を、というフレコミなんですが、これがとってもしんどいんです。
僕はスマフォや携帯に内蔵されている万歩計ではなく、昔ながらの万歩計を腰に付けて歩いているのですが、便所に入る場合外してふところに入れてうっかりそのままにしてしまったり、寝て起きた場合枕元に置き忘れてしまったりで測定できないことがよくあり、悔しい思いをしてある。
忙しくて外側に大して出られない日があっても、ひと月の延べが30万歩になればいいので、出社の際、ちょっと早めに家庭を出て1駅舎分け前歩いたり、敢えて遠い駅舎の窓口から下りて歩いたりして歩数をチマチマ稼いである。
昼休みのウィンドー買い物は2000歩ほど稼げます。残り、朝晩に室内を歩き回って家事をしているだけでも1000歩くらいはいくので、パジャマを着ている時でも忘れずに装着するようにしています(けれども衣類に着替えた場合なくすのを忘れたりする)。
今までで一番歩いたのは、近郊のアウトレットモールに行った歳月ですね。この時も残念ながら万歩計を持って行くのを忘れてしまったんですが、感性としては3万歩ぐらい歩いたと思います。今日はそれほど歩いたな、疲れたな、という日は2万歩ほど。売買の日は、意識して多めにあるくようにしてやっぱり1万歩だ。本当は、健康のためには歩数を稼ぐのではなく、満杯あるく習慣を身に付けた方がいいんですよね。分かっているのですが、万歩計は具体的な数字で生じるので、散策のとっ罹りにもなりますし、自分の体調の手帳にもなります。僕が利用している万歩計のwebでは、一年中ずつの歩数って月毎の延べ、歩いたチャンスや需要カロリーが記録されるので、ダイエットにも利用できると思います。散策だけでダイエットの結末を差し出すには、一年中1万歩どころでなく、なかなか歩かないとだめそうですが、休暇の早朝散策などにも挑戦して胴といった心肺体系を鍛えていきたいなと思っています。万歩計リフレに参加して2ヵ月まぶた。前月は30万歩達成できませんでしたが、今月は手掛けるぞ!すっぽん小町

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です